Q:お産の前に浣腸するのはなぜですか? - レディースクリニック服部
045-902-0303

Q:お産の前に浣腸するのはなぜですか?

理由はいろいろありますが、一番は感染予防です。 
 
陣痛を強くするとか、産後の出血を減らすとか、
細かいことはいろいろありますが、
一番の目的は赤ちゃんと産道への感染予防です。

産道と直腸・肛門は並行していますから、
児頭が産道を降りてくるときに直腸を圧迫します。
ちょうど歯ブラシの柄でチューブをしごいて、
残り少なくなった歯磨きクリームを絞り出すようなものです。
浣腸をしてないと出産の時に、赤ちゃんの頭が降りて来るにつれて、
ウンチが押し出されてくるのです。
 
「子供でもないのに、浣腸されるなんて恥ずかしい」というのは分かりますが、
お産のときに赤ちゃんより先にウンチが出てしまうのも、
あまり平気ではいられないかもしれませんね。

でも、入院したとき既に赤ちゃんの頭がすぐそこまで下がっていて、
浣腸をするひまがないこともあります。
こんなときは致し方ない訳で、我々としてはよく経験することであり、
まったく気にしておりません。

恥ずかしいとか臭いとかの問題ではなく、
これから赤ちゃんが出て来ようとする場所が
大腸菌で汚染されてしまうのです。

もちろん取って棄てるようにしますし、
赤ちゃんが出てくるときには、新しい布を敷くようにはしますが、
必ずしも完全ではありません。
赤ちゃんへの感染が防ぎきれない可能性があります。
 
分娩の後には産道の診察をしたり、
裂傷があればこれを縫合するわけですから、
母体への感染といいますか、産褥熱の原因になることも心配されます。