Q:計画分娩ってできるのですか?危険はないのですか? - レディースクリニック服部
045-902-0303

Q:計画分娩ってできるのですか?危険はないのですか?

強引な手段は危険があります。 
 
お産が近くなると、子宮口が柔らかくなり、
赤ちゃんの頭も下がってきます。
内診でこれを感じると、「産道の準備が出来てきたな」と感じます。

計画分娩も陣痛の誘発も促進も、まとめて分娩誘導と呼びます。
計画分娩というのは、産道の準備が出来ていようといまいと、
あらかじめ決めた日、例えば妊娠37週になった日に入院して、
陣痛を起こし、分娩させることです。

産科学としてのひとつの挑戦だとすれば、意味があると思いますが、
強引であるがゆえに危険もあります。
産婦の苦痛も強いので麻酔医の協力を得ての無痛分娩が必要でしょう。
胎児へのストレスも強いので、小児科の協力も必要です。
それでも、赤ちゃんは、よりハードな道のりを乗り越えなければならないわけで、
自然に待てば産まれたかもしれないのに、
緊急帝王切開を余儀なくされるようなことがあるのではないかと思います。 
 
個人的には、産道の準備が出来てから陣痛を起こすほうが安心です。
陣痛がないときに始めますので、分娩誘導と呼ばれます。
既に陣痛が始まっているのに、今ひとつ弱くて、
分娩の進みが悪いようなときに、これを増強することが必要となることもあります。
これを陣痛促進と呼びます。
陣痛をつけることの危険よりも、待つことの危険が多いときに行うと思ってください。