Q:どんなときに分娩誘導をするのですか? - レディースクリニック服部
045-902-0303

Q:どんなときに分娩誘導をするのですか?

医学的必要より、社会的要因?が多いようです。
 
分娩予定日が排卵の日から266日目として確実に分かっていれば、
そこから更に14日を過ぎるまでなら、
自然の陣痛発来を待つのが最良の方法だと考えます。
ほとんどの分娩は、誘導をしなくてもこの期間のうちに始まります。

しかし、陣痛が来たからといって必ずしも普通分娩ができるわけではありません。
分娩の難航が予想される場合、
『無理なら帝王切開をするかもしれない』ということも視野にいれて
分娩誘導してみることがあります。

産道の状況があまりにも未熟なときは駄目ですが、
「ご本人の希望で計画分娩をする」ということもあります。

「いつまでに退院したい」たとえば大晦日までに退院して、
正月は自宅で迎えたいというようなことは良くありますが、
一般的には、予定日を数日過ぎただけで、
気分的に待ちきれなくなってしまうのが主な原因です。

我々にとって、(予定日)とは14日の勝負の期間の開始日なのですが、
皆さんにとっては長い長い266日のゴールの日なのでしょう。
親戚やお友達から、電話やメールで「まだ産まれないの?」という質問が
この不安を増殖させます。
年末年始や週末の分娩を避けるために医者が分娩誘導するといわれます。
私は、「同じ事ならスタッフの多い平日に分娩させたい」と思うことはありますが、
危険を承知で行うことはありません。