Q:硬膜外麻酔って、いつでもやってもらえるのですか? - レディースクリニック服部
045-902-0303

Q:硬膜外麻酔って、いつでもやってもらえるのですか?

当院では、ご希望があればなるべくやるようにはしていますが… 
 
麻酔が効いてきたときに胎児の心拍が乱れることがあります。
母体の身体の向きを少し変えたりすれば良くなる程度のもので、
赤ちゃんの生命に危険が及ぶわけではないのですが、
お産は何が起こるか分かりません。

偶然子宮の中で別な問題が同時に起こってきて、
胎児の状態が悪いことを見逃す危険があります。

効きすぎて呼吸が困難になるとか、
髄膜炎の危険もあるとか、
そんな危険がつきまとう麻酔ですので、
あまり気軽にやりたくはありません。

お産の状況とか、時間帯によるスタッフの人数なども考えなければなりません。

硬膜外麻酔の必要が生じたときとか、ご希望が出たときに、
安全性について今一度ご相談のうえ実施しております。 
 
この麻酔は、無痛分娩を行う上では、極めて優れた方法なのですが、
今の日本で普及することには若干不都合があります。

技術訓練の場とか責任の所在とかで、
国とか学会レベルの検討がなされていないように思います。

私も30年前に受けましたが、
産婦人科医が麻酔のトレーニングを受けることは可能です。
しかし専門医としての資格を取ることはかなり難しいことです。
また両科の医者がそろった病院で、
しかも24時間麻酔医が待機しているほどの規模の病院では、
無痛分娩を分娩室で行うのか、手術場で行うのかで
合意が得られないこともあるようです。