Q:夫の立ち会いは良いものなんでしょうか? - レディースクリニック服部
045-902-0303

Q:夫の立ち会いは良いものなんでしょうか?

お勧めは致しますが、どなたにも良いとは限りません。 
 
男性にとって出産というドラマは非現実的なものなのです。
神秘的とも言えます。
『男はあっち行って、お湯を沸かしてきて!』なんて、
お産婆さんに怒鳴られるようなシーンをテレビや映画でよく見ますよね。

今は時代が変わりました。
夫婦2人そろって新しい生命の誕生を迎えてください。
手を取り合いながら陣痛に耐え、出産を乗り切るのは、
感激的な経験です。
ご主人が付いてくれることで、産婦さんも心強いことと思います。

分娩の進行状況や時間帯や病室の具合で不可能なこともありますが、
ご家族の付き添い希望がおありでしたらご相談下さい。
ご主人に限ってですが、分娩室まで入っていただくことも可能です。

でも、産婦人科をローテーションしていた内科の研修医で、
分娩介助を見学していると吐いてしまう男がいました。
何度やっても、後ろの方で『ゲ~ッ』とやるんです。
病院側も諦めて、彼は産科ローテーションを免除されました。
こんな男性も居るんです。

当院の分娩室でも脳貧血を起こして倒れた方がいます。
無理強いはしないであげてください。

「お産はというか、女性は神秘のベールで包まれて欲しい」と
心のどこかで思っている繊細な神経を持った男性もいます。
そんな方にとって、出産はあまりに刺激が強すぎることもあるのでしょう。