Q:お産の時に、いきまないで力を抜くのにはコツがありますか? - レディースクリニック服部
045-902-0303

Q:お産の時に、いきまないで力を抜くのにはコツがありますか?

難しいのですが、あえて言うなら精神的安定でしょうか。 
 
分娩のとき、子宮口が全部開くまでは、
陣痛が来たときに深呼吸をするなどして、やり過ごします。
全部開いたあとになると、いきまないでいることはかなり辛くなります。
陣痛がくると自然にお腹に力が入ってしまうようになります。
これを共圧陣痛といいまして、分娩を終了させるために必要な腹圧と思われています。
でも分娩をゆっくり進めるといった点では不利なことがあります。 
 
精神的和痛分娩とかラマーズ法とかもそうですが、
私どもが現在興味を持っておりますソフロロジーも
腹圧のコントロールが目的のひとつです。
「こわい」と思うと体中に力が入ってしまいます。
腰が浮いてしまったり、背中が反り返ってしまったりしては
力を抜くことができません。 
 
腹圧をかけて赤ちゃんを産むという動作は、
便秘して硬くなったウンチをいきばって出すのと同じです。
(赤ちゃん、ウンチと一緒にしたりして、ごめんなさい。)
いくら顔を真っ赤にして頑張っても駄目じゃないですか。
胸に息を吸ってしまったり、
人によっては肩や首まで息を吸っているようにしてしまうことがあります。
ウンチをすることを思い出してください。
顔からも手足からも力を抜いて、お臍のあたりに息を溜めて、
お尻へ向けて踏ん張ってみてください。