ご挨拶

この度、レディースクリニック服部および院長職を先代の服部一志前院長より継承させていただきました楢山知明と申します。


当院の理念は≪妊婦/患者さんそれぞれにとっての最善の医療を常に考え、誠実な医療を提供すること。
当たり前のことかもしれませんが、わたしたちは常にこれを念頭に医療に携わってきました。
この理念を達成するためには以下のことが必要であると考えます。

1.妊婦/患者さんをよく知ること。
症状、病態、赤ちゃんの状態を知ることはもちろんのこと、妊婦/患者さんの各々の思いなど知ることは非常に大事です。これは長年この地域で産婦人科を担ってきた先代の服部一志院長先生の思いでもあります。それによって妊婦/患者さん、それぞれにとっての最善の医療を見いだせると私たちも考えています。

2.常に新しい知見を広げる努力をする。
医療は常に進歩していきます。知見を広げることでより妊婦/患者さんにとってベストな治療を考えることができると思っています。そのため、わたしたちは様々な学会に所属し、日々勉強し多くの専門医を取得し専門性を極めてきました。今後も努力を怠らずなお一層知見を得ていきたいと思っています。
ただ産婦人科という領域は非常に多岐にわたります。不妊治療に関しては一般的な産婦人科の知識しか持ち合わせておりませんので当院では行っておりません、患者さんの貴重なお時間を無駄にしないためにも近隣の専門施設を紹介させていただきます。

その他、当院一次施設のクリニックでの医療が不十分と判断した際は高度医療を担う近隣の大学病院や総合病院へと紹介・搬送させていただく場合もございます。


3.スタッフ同士をよく知り、尊重しあうことでよりよいチーム医療を形成する
妊婦/患者さんにより良い医療を提供するためにはチーム医療が不可欠です。チーム医療を形成するためには医師だけではなく、助産師、看護師、医療スタッフ、業者さん等、当院に関わるスタッフ全員が互いを知り、理解し尊重することが大事です。そのため、それぞれスタッフにとってよりよい職場環境の構築も目指していきます。

 

上記、3つの知るを徹底的に意識したクリニックでありたいと考え、2022年春に知産婦人科へとクリニック名を変更することになりました。

地域の皆様に信頼していただける誠実な産婦人科クリニックになれるよう努めてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

                    院長 楢山 知明(ならやま ともあき)