婦人科診療内容のご案内

レディースクリニック服部ではどの世代の女性にも寄り添え誠実な医療を提供できる産婦人科を目指しています。

当院では周産期(お母さんと赤ちゃん)領域だけではなく、あらゆる世代の女性のよくある病気を専門にする医師(「女性ヘルスケア専門医」)や婦人科領域(子宮、卵巣等)の悪性腫瘍を専門としてきた婦人科腫瘍専門医も在籍しております数少ないクリニックです。

 

婦人科外来(保険診療)

・月経困難症(生理痛)・子宮内膜症

・子宮筋腫

・無月経

・月経前症候群(PMSpremenstrual syndrome

・子宮内膜ポリープ・子宮頸管ポリープ

・卵巣嚢腫 ・卵巣出血 

・子宮腺筋症

・性感染症 ・尖圭コンジローマ

・帯下異常 ・骨盤臓器脱

・早発卵巣不全 ・更年期障害 ホルモン補充療法 など

・子宮頸部異形成(コルポスコピー生検検査施行できます。)

 

婦人科検診

・子宮頸がん・子宮体がん検診

 

婦人科小手術

・子宮頸部蒸散術 

当院では主に長期間持続するCIN2(子宮頸部中等度異形成)に対して婦人科腫瘍専門医が、子宮頸部蒸散術を日帰り小手術で行っております。

 手術の流れ

月経中に手術は行えません。

手術室で、局所麻酔をした後に子宮頸部の病変部をレーザー光線または電気メスを用いて蒸散いたします。

軽度の痛み、熱感を伴います。

手術の時間は510分です。術後に抗生剤を数日間内服していただきます。

蒸散術を施行したところはかさぶた状となっており、手術当日は飲酒、激しい運動や性交渉は控えてください。2週間するとかさぶたがはがれてきて帯下に混じることがあります。2週間後に外来にきていただき創部のチェックをいたします。

 

・尖圭コンジローマに対する蒸散術あるいは切除術

尖圭コンジローマは、外陰部・肛門周囲などに多発するイボでヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって発症します。自然治癒することもありますが、内服薬や塗り薬の治療で改善しない場合には局所麻酔での日帰り手術や病変に応じて日帰りまたは、12日の下半身麻酔での切除手術も行っております。

 

自費診療

・避妊(ピル・ミレーナ)・アフターピル(緊急避妊)、ブライダルチェック

 

ワクチン接種

・インフルエンザワクチン、風疹・麻疹ワクチン

HPVワクチン 

定期予防接種:サーバリックス®、ガーダシル®

自費での接種シルガード91回あたり税込み:30800円、3回分税込み:91300円)