無痛分娩について - レディースクリニック服部
045-902-0303

無痛分娩について

ご希望のかたには、硬膜外麻酔(エピドゥラール・ブロック)による無痛分娩を行います。

費用は、麻酔開始の時刻や、
麻酔をかけてから産まれるまでの時間などによりますが、
6~12万円程度です。

硬膜外麻酔とは、脊髄神経が入っている脊髄腔の外側にある、
厚さ2㎜の硬膜外腔に細いチューブを入れ、
そこから経時的に麻酔薬を注入することにより、
運動神経は麻痺させること無く(子宮収縮=陣痛はとらずに)
知覚神経だけを麻痺させる(痛みを感じなくする)という麻酔です。

つまり陣痛は止めないで、痛みは感じさせないということです。

これを行いますと、陣痛は来るのに、身体の緊張がないので、
分娩の進行は速やかになります。

麻酔が効く範囲は、腹巻きを巻いたような部分ですから、
足は麻痺しないので、歩くこともできますが、
さすがに長時間に及ぶと、麻酔が覚めるまで歩けなくなることがあります。

陣痛による痛みが全くなくなるわけではありませんが、辛さはかなり違うはずです。

完全に無痛にするには、
注射や吸入麻酔により、産婦さんを寝かせる方法がありますが、
これだと産声も聞けませんし、赤ちゃんに麻酔薬が行きますので、
半分寝たような状態で産まれてくる恐れがありますので、
当院では行っておりません。

当院は、自然分娩を大事にしておりますので、
原則として計画分娩の併用は致しません。
陣痛が起こって入院された時点で麻酔を開始致します。

硬膜外麻酔は、比較的安全な麻酔方法ですが、
1/20万は下半身麻痺が残るとか、最悪生命の危険が伴うこともありますが、
これは出産だけでも3万分の1の母体死亡があるわけですから、
さほど心配することは無いでしょう。

 

Fotolia_103394792_S.jpg